メインイメージ

就業規則と残業

就業規則と残業の問題について

一般的な会社の場合では就業規則というものを用意しているケースが多々あります。明確には、常時10名以上の従業員がいる職場では必ず用意することが必要とされているものですが、就業規則には基本的な項目というものがあり、例えば始業時間や就業時間についての記載や、休日や休暇についても明確にしておくことが求められています。

また、給料に関しての項目も大変重要な内容とされていて、例えば支給される給料についての規定や、昇給に関する内容も重視されています。

退職時に関しても記載されていることが基本となり、例えば定年になる年齢や、定年後の処遇等も記載することが推奨されています。

就業規則は基本的には労働者が仕事を遂行する上で順守しなければならない内容とされていますが、その一方で、法律を守って就業規則を作り上げることも大切になります。

近年では法律を順守しない企業などがマスコミなどによって採り上げられることも多く、インターネット上でも数多くの議論がされてきました。

その中には残業に関する項目もあり、就業規則にも明確に記すことが求められています。残業に関しては、例えば一般的な内勤の業務や、各種サービス業、工場などでの製造業など数多くの職業において、きちんとした残業代が支払われることになります。

しかし、中にはサービスとして無給で業務を行うことが求められるケースも目立っており、社会問題化されたこともあります。現在では労働基準法によって厳格化されている段階なので、トラブルなどが発生してしまった場合では、速やかに対処するための機関なども用意されています。

また、グレー的な存在とされているものには営業職があり、営業職の方の場合では、営業手当などといった名目で長時間労働を強いられるケースも見られます。

この部分についても、近年では問題視されることが多い内容として知られており、支給されている営業手当と見比べた場合、あまりに超過勤務が多い場合では、法律によって正しい給料を支払うことが必要になるケースも見られます。

従業員が少ない職場の場合では、後から残業代の請求があった場合でも、即座に企業側は対応することが可能なケースも見られますが、従業員が多い職場の場合では、集団提訴などと発展してしまった場合では、かなりの出費が必要になります。

その結果として、就業規則を作成する場合では、全ての従業員が納得できる内容、そして法律を順守している内容に設定することが何より必要になります。