メインイメージ

部門別で就業規則作成

部門別で就業規則を作成する理由とは

会社を起業した際に、定款と同様に欠かせないものの一つに就業規則があります。
就業規則とは、労働者が働く上で守らなければならない規律や労働条件における詳細な内容が明記されている、労働基準法に基づき作成された規則の事です。労働者が10名を超える企業の場合は、必ず作成を義務づけられています。

会社のルールブックのようなもので企業側はもちろん、労働者もしっかりとその内容を把握しておく必要があります。
終業に関するトラブルを防ぐ事が出来るだけでなく、労働者の権利、企業側の権利が記載されています。

原則は、一つの会社に一つの就業規則でかまいませんが、会社の規模が大きくなり多角的に系系を始めた場合には、それではまかなえない場合も出てきます。

例えば、病院などの勤務時間が大幅に違うケースです。事務職員は、朝9時から18時までの固定時間。看護師は、24時間体制のシフト制。介護士は深夜帯以外をのぞくシフト制など、多岐に割っている場合は一つの就業規則だけではあまりにも煩雑になるためです。

また、労働条件が大幅に違う場合です。同じく病院で考えられるケースとしては、事務職員はカレンダー通りの休日、看護師や介護職員は週休2日制のシフト制など、労働条件が違う場合にもそれらを一つの就業規則で網羅する事は大変難しく、それぞれの部署にあわせて作成する必要があります。

労働条件が違う場合は、就業日数も大きな違いが出てくる場合がありますので、総合的に考えて部門別に作成するのが望ましいです。

しかし、多くの就業規則をそれぞれの部門にあわせて作成するのは、非常に事務的な手間がかかるだけでなく、それぞれの内容に労使間双方に問題が無く作成するのは非常に難しい事です。

また、作成したものは必ず労働基準局へ届け出をし、内容の確認をされた上、承認を得なければ有効なものと認められません。
規則の変更があった場合や、法律の改正などがあり規則に明記しなければならない文言などが決まった場合は、変更届を部門別に作成し、労働基準局へ届け出をしなければならない決まりもあります。

会社を経営して行くのに欠かせない、就業規則を間違いなくまた、少ない労力で作成したり変更したりする場合には、就業規則作成サービスを利用するのも一つの方法です。

専門家の力を借り、様々なケースに応じたものを作成していただけます。
会社の運営に欠かせない大切なものですので、間違いない形で作成する事が大切です。