メインイメージ

給与規定の内容

就業規則で重要項目の給与規定に関する内容

常に10名以上の従業員が仕事をしている事業所の場合で、一般的な社員として雇用している場合では、必ず就業規則というものを作成することが求められています。

作成した就業規則は所定の役所に届け出ることが必要とされており、事業所によっては必要に迫られて作成するという場面も想定できますが、就業規則を明確にしておくことによって、雇う側と雇用される側の両方に安心して仕事を遂行することのできるメリットが生まれることになります。

就業規則の中でも特に重要視されている項目には給与規定というものがあります。仕事をするということは対価として給料を貰うことになるために、給料についての項目は労働者にとっては大きな項目となります。

実際に給与規定として提示されることの多い内容としては、基本給に関する内容や各種資格取得時やキャリアアップ、そして職種によって得ることのできる手当ても大切な項目になります。

他には事業所によっては昇給に関する内容も必要とされていて、労働者にとってはモチベーションを高く保つためには重要な内容ともされています。

また、お金に関する内容としては、出張をした際に支払われる手当てや、職業によっては目標を達成した際に支払われる手当て、一般的な多くの労働者に当てはまる項目としては、交通費に関する内容や住宅手当、家族手当なども規定に入れられるケースもあります。

現在では職業が多様化しているために、それに伴って就業時間に関することでも古い時代と比較すると大きく変わっています。例えばサービス業の場合では年中無休で24時間対応をしていることも珍しいことではなく、シフト表によって勤務することを必要としている職場も数多く存在しています。

そんな中、例えば深夜勤務の場合では、基本的な給料に割増されることになり、時間外労働でも同様に規定されている賃金を支払うことが必要になります。

就業規則に関しては、例えば労働基準法などを基にして作り上げることが必要とされており、近年では注目されていることには残業手当に関する内容があります。

残業手当に関しては、アルバイトやパートタイマーの場合では比較的計算することが簡単になりますが、正社員として月給制で仕事をしている方のケースでは、計算方法が多少困難なケースも見られます。

そんな時には就業規則を作成する社会保険労務士や税理士、会計士などの在籍している事務所に相談をした上で決定することもおすすめになり、充実した内容で、同時に労使共に納得できる内容を作成することが可能とされています。