メインイメージ

就業規則で通勤手当

就業規則で通勤手当に上限がある場合があります。

会社の給与体系や様々なルールを設定などの規定を定める就業規則があります。

実際に所属する社員にとって給与規定の次に関係してくるのが通勤手当に関する事です。
これは会社によって大きく異なる部分になりますので、給与が同じであっても通勤に関する支払いが少なければ大きく異なってきます。

最初に、就業規則で気になる点としては通勤手当に上限がある場合です。まず、就業規則にて通勤に関する部分で大別される点としては、都会と地方などの差はありますが電車通勤と自動車通勤にて交通事故などのトラブルを回避する為に自動車通勤を許可しない場合があります。

電車では長距離の通勤で新幹線などの特急などを利用する場合は、金額に対して上限を設定している場合や、電車であれば会社で規定した上限に達していないなくても特急料金に対しては手当ての対象外にする会社もあります。

次に自動車では、費用に関しては各社にて様々な就業規則を設定します。

まず、手当ての計算方法として一キロ当たりにてガソリンの値段を設定して計算する方法と、ガソリンスタンドでの領収書を保管してを実費にて精算する方法があります。

これは、会社にて計算のスタイルが異なるからです。一円単位で詳細に正しい金額を出したい場合には、領収書での精算になりますし、支出の金額を一定にしたい場合には、一度会社までの距離に関する書類を提出した後に、毎月同じ金額を精算する方法です。
この一キロ当たりの金額に関しても、就業規則で数年に一度、ガソリンの値段に関する改定を行う場合もあります。ただ、ガソリンの値段が高くなった場合には改定をなかなか会社側がしないケースもありますので注意が必要です。

どちらの計算方法でも電車と同じように上限が設定されるケースがよくあります。

また、自動車の通勤にて考慮する必要があるのが駐車場の料金です。工場などの敷地に駐車場があり、会社が駐車場を所有して無料で利用できるのであれば問題ないです。

ただ、市街地に事務所があり、月極めの駐車場を利用する場合には各社によって対応が異なります。

駐車場代とガソリン代を手当てを出してくれるケースと、駐車場又はガソリン代のどちらかを支払うというケースもあります。

このようは通勤手当が会社の負担となる為に一定の金額に支出を抑える為に色々と制度があります。これは会社によって対応が複雑になっていますので同じ会社内でも働く事業所によって異なるケースもありますので、給与明細は詳細にチェックするべきでしょう。